地方自治体の5公園を
指定管理制度にて一括管理運営

公園管理運営

公園

狭山市都市公園の管理運営業務

堀兼・上赤坂公園

堀兼・上赤坂公園は、武蔵野の面影を残す雑木林に囲まれた広さ48,795㎡の公園です。多目的グラウンド(サッカー場)や木立をぬって園内を一周する散策路があります。
多目的グラウンドは、「高麗芝」と呼ばれる芝生が主として使用されていますが、冬季は休眠してしまうためスポーツ利用が出来ない状態となってしまいます。そこで寒冷気候型の芝生の種子を撒布して、季節に応じてメインとなる芝生の種類・バランスを調整して生育を行うオーバーシードを行っています。

園内の外周には800mの散策路があり、休日以外にも多くの方が散歩にご利用されております。

多目的グラウンドでは、休日には主にサッカー大会が行われています。

管理棟の奥にある展示コーナーでは「さいたま緑のトラスト協会」の協力により、狭山の自然と森の保全活動を収めた写真を定期的に展示しています。

新狭山公園

新狭山公園は、ナイター設備を完備したテニスコート(4面)と軟式野球用グラウンドがある広さ27,107㎡の公園で、各運動施設は練習や試合会場として利用されています。園内には、小さなお子様でも楽しめる滑り台やブランコなどの遊具、遊歩道もあります。

新狭山公園の野球場・テニスコート周りにはサクラが咲きほこり、春には大勢の方で賑わいます。

狭山台中央公園

狭山台中央公園は、テニスコート(クレーコート3面)と軟式野球用グラウンドがある広さ29,150㎡の公園です。武蔵野の面影を残す雑木林の中を散策することもできます。

NPO法人「本気で遊ぶ子☆応援団」によるイベントが、狭山台中央公園で定期的に開催されています。私たち狭山市公園パートナーズは、地域の活動を応援し、子どもたちの遊び場として公園を提供しています。

上奥富運動公園

上奥富運動公園は79,476㎡の広さで、野球場(2面)・コンビネーショングラウンドを各種団体の野球大会や会社のイベント(運動会・グラウンドゴルフ大会等)でご利用いただいています。

春になると公園一帯はさくら色に彩られ、沢山の人で賑わいます。

「リサイクルマーケット・さやま」は毎年5月と11月に行われ、毎回総勢4,000名の方々で賑わいます。

鵜ノ木運動公園

入間川沿いの鵜ノ木運動公園は、テニスコート(クレーコート3面)と野球場(2面)の運動施設がある広さ38,144㎡の公園です。広い敷地のため開放感があり、多人数、多グループでのスポーツ大会などの利用に最適です。

公園の芝生広場では、地元の同好会の方々がグラウンドゴルフを楽しんでいます。

件名
狭山市都市公園の管理運営業務
所在地
堀兼・上赤坂公園(堀兼)、新狭山公園(新狭山)、狭山台中央公園(狭山台)、上奥富運動公園(上奥富)、鵜ノ木運動公園(広瀬)
事業主
狭山市公園パートナーズ
発注者
狭山市
竣工時期
2017年3月
契約期間
2016年4月1日~2021年3月31日
規模(面積)
堀兼・上赤坂公園(48,795㎡)、新狭山公園(27,107㎡)、狭山台中央公園(29,150㎡)、上奥富運動公園(79,476㎡)、鵜ノ木運動公園(38,144㎡)

ご相談・お問い合わせ

資料請求、ご相談、お問い合わせは、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
電話 04-2939-0515
平日8:30~17:30(土日、祝日を除く)
ページの先頭へ戻る